車の燃費を少しでも良くするには

車を運転しているときには、どのようなことを考えて運転を行っていますか。
多くの人が、燃費を意識して運転を行っているのではないでしょうか。
少しでも燃料を使用ように、常に燃費のことを意識して運転をしている人は、決してすくなくはないでしょう。
しかし、その運転方法が本当に最適な燃費の値を示してくれる方法なのでしょうか。
燃費の良い運転方法は、ゆっくり運転を行うことだと勘違いしている人がとても多いのです。
重要なことは、いかにアクセルを踏み込む時間を少なくするかということなのです。
ゆっくり走っているときには、そのスピードをキープしようとアクセルを踏み続けているのではないでしょうか。
もし、前を走る車が遠くにいる場合、もしくは前を走る車がいない場合には、ある程度のスピードまで早目に加速を行い、あとは惰性で車を進めた方が燃費は遥かに良くなることがあります。
また、スピードが落ちてきたときに、アクセルで少しずつスピードを足していくという乗り方の方が、だらだらとアクセルを踏み続けるよりも燃費は良くなる傾向があるのです。
そして、車は常に軽い状態を保つことも大切です。自分一人で運転をしているときと、他の人を乗せて運転をしている場合とでは、明らかにアクセルの重さは変わってくるはずです。
余計な荷物は必ず載せ続けないようにし、極力車を軽い状態にして走行することができれば、その車が持っている燃費性能を最大限に発揮させることができるはずです。